Evening with ASG Kang

I had an opportunity to attend an event to hear some conversation with this lady who is a UN's ASG yesterday.

It was such a lovely evening with her calm and candid energy as well as her wisdom!

As I was listening to her, I was inspired to be more expressive of my thoughts which I am very bad at doing.

It was her comment about cross cultural communication that really struck me. I guess because it related to what I have been feeling these days.

"In cross cultural communication, you really have to trust. And you cannot start seeking meaning in words that doesn't have any meaning."

That's right. Trust. And yes, I sure do start to wonder about the meaning behind certain things that probably don't have much meaning as I imagine.

But as an actor as well, I really feel that my biggest theme right now is to bring my guard down, trust others and myself, and express myself.

So here I am writing this blog about what I thought after this event. 

Another thing I really loved was how she responded to the question, what is leadership.

"Leadership is not something you seek for. You need to be good at what you are doing and have contents full. Its like water flowing out of a cup. Water has to be full of cup, and it is so much that it overflows, that's what leadership is."

It reminded me of my acting teacher back in Japan who used the exact same metaphor to describe about acting.

Don't play the emotion, acting is doing is what we always say, but he described that emotion has to be there as well. and be full. like a cup full of water. you try not to spill it and do what you are doing, but it is so full that it still overflows from time to time. That's what the audience wants to see.

I remember how it made so much sense when I heard it. And even though I always think I want to be an actor who seek for the contents. details, I realized I was forgetting those details and got caught up in the result and the surface especially in everyday audition settings.

Such a great reminder.

I feel very inspired to tune myself and get back to the work of acting.

Thank you so much for the wonderful event!

昨日はとあるイベントで、国連で事務次長補を務める女性のお話を聞く機会がありました。

落ち着いた物腰がとても素敵な方で、どんな質問にも的確、知的、かつ正直に質問以上の答えを返す彼女のお話はとてもインスピレーションになりました。

そこで心に響いたことが幾つかあり、それを踏まえてもうちょっと自分からいろんなことを発信していこうと思ったのでそのまず第一歩として昨日聞いて感じたことを書き留めてみようと思います。

何もかも貴重なお話だったんですが、

特に印象に残ったのは”リーダーシップとは何か”という質問に対する彼女の答え。

”リーダーシップは求めるものではない。まずは中身・実力が充実してこそである。リーダーシップとはコップから溢れる水のようなもので、その人の中身がとても一杯だからそれで収まりきれなくて溢れ出てしまったものがリーダーシップなのだ”

まさに!

そして同時に日本の養成所時代に演技の先生が演技についてまったく同じ比喩を使っていたことを思い出しました。感情を追い求めるな!行動に集中しろ!とは常日ごろ言われていたことですが、感情がなくても良いということではない。感情はコップから溢れる水のようなもので、コップに一杯になるように感情がフルな状態で、それをこぼさないように一生懸命頑張りながら行動して、それでもどうしても溢れ出てしまった感情が表現となるのだと。

分かっているはずでもついつい結果を追い求めてしまったり、結果が出ないフラストレーションで近道を探そうとしてしまったりしがちで、だけど根本的に中身を充実させる努力をしてたかなって思うと本質を忘れていたなと改めて思い出されてしまいました。演技始めたばっかりのころは基礎を大事に!結果や評価より質を求める役者でありたいっていつも思っていたのに、知らず知らずのうちに初心を忘れている。

もう一つは”たくさんの国の人々と仕事をする国連に勤めるなかで、異文化間のコミュニケーションでのコツはありますか”という質問への答え

異文化コミュニケーションにおいてまず一番大事なのはとにかく信頼することだ。そして深い意味のない言葉に意味を探ろうとしないことだ。

これまたまさに!

というか、これは単に私自身の今のテーマに響いたのかもしれませんが。信頼。私はあまり自分の考えとか思ったことを表現するのが得意じゃないのですが、これはガードが高い自分の癖であって、役者として表現する上でもそういったガードを取り外して、周りを信頼して思い切って自分を出す必要があるなって、そこが今の自分の最大の課題だなと思います。

そんなわけでそういう自分の苦手なことにちょっとずつチャレンジしていこうかと。で、このブログももうちょっと頻繁に更新して、自分の思ったことを発信してみようと思います。

とても素敵な会に参加させて頂きありがとうございました!