Coming Soon

Something I have been working on since 2016 is finally starting to happen and I am super excited!! 

Through this process, I really learned how hard it is to put something out there. Now I feel making a film is almost like a miracle. It made me really appreciate all the films and tv shows in the world.

This project started from a conversation between me and another actor. Soon another actor joined us and it was three of us for a while. But little by little, we were able to gather more people to be on board and now we have a team, ready to start rolling.

I know there will be a lot more hardships ahead of us, but I am just so grateful and excited to be able to create something with this team.  To finally be able to stand here at the starting point.

So stay tuned please! We will release the trailer very soon!

 

1年半以上前から企画してたプロジェクトが遂に動き出します! 

何かの作品を作って世に出すことがいかに大変なことなのか、本当にこのプロセスの中で身に染みて感じて、今世にある全ての映画やテレビ作品への敬意はもうつきません。映像作品って奇跡の賜物なんだなと思う。

 私ともう1人の女優との2人の会話から始まったこの企画、そこに1人役者が加わり3人になり、そこからちょっとずつちょっとずつ、つてをたどって仲間が増えて行きチームというものが出来たこと。

 もうすぐ公開するWebサイトのチーム紹介を作りながらなんだかしみじみしちゃって鳥肌たっちゃったりしてました。本当に感謝。

とは言ってもまだまだこれからなのです。 

今はまだやっと始まったばかり。 

おそらくここからがめちゃくちゃ大変だけど、何かにこうしてアクティブに取り組めるのは本当に幸せです! 

というわけで、数日中にまずは予告編公開です!楽しみにしていて下さい! 何より私自身が楽しみで仕方ないです。

 

 Working on the project using WeWork 

Working on the project using WeWork 

IMG_9545.JPG

Film Making

It's been a while since my last post.

Last week, I had a shoot for a short film.

It was a nice small production with passionate director and writer. I enjoyed it very much.

Especially the way it reminded me how much of a collaboration film making is.

There are all these aspects like camera work, sound, lighting, acting and so on, and none of them can be missing.

I just love that atmosphere of everyone waiting quietly for that Okay! from the director, focusing on each part in order to make a good scene. It makes me feel that we are all making the film together.

You never know what will happen in each take. Plus, the time is limited. I learned this time especially that as actors, we have to provide the best acting each time.

For example, the daytime scenes need to be shot before sunset, there are only a few hours left. The camera work is difficult and it's a big shot. I felt that I couldn't make a mistake when the camera worked out or the sound was good despite the construction suddenly started in the neighborhood.

And this time, we were working with a 6 year old child actor. We didn't know if she would act the way the director wanted, and we knew she would get too tired if the shoot goes long. Under that condition, I really had to focus and not ruin a good take.

But it's amazing how free children are. I didn't know what kind of curve ball she would throw at me, so it forced me to stay focused and really be in the moment, which gave me a new discovery. What a nice experience it was!

Film making is so fascinating.

Can't wait to see it!

 

久しぶりの投稿!

ちょっと時間が経ってしまいましたが、先週末はショートフィルムの撮影でした。

小さなプロダクションですがパッションある監督とライター率いるとても素敵な現場でした。

そこで感じたのは映画作りは本当にいろんな要素が合わさったコラボレーションの賜物だなということ。

カメラの構成、照明、音、演技など様々な要素があり、それが全部成立して初めてオッケーが出る。全員がそれぞれ良いシーンを作るべく自分の役割に集中し、監督のオッケーを固唾を呑んで待つあの緊張感がたまらなく好きなのです。

1テイク1テイク何が起こるかわからない。さらに時間の限りもある。そんな中で俳優はいつもベストな演技を提供できなければいけないなと改めて実感した現場でありました。

日の入りまでに昼間のシーンを撮り終えなければいけない。ロケーションも俳優も機材もその日しか抑えていない。さらにカメラワークが複雑でうまくいくかいちかばち!なんて状況の中せっかくカメラがうまくいったのに俳優がNGを出すわけにはいかないなと。

今回は相手役が6歳の子役。彼女が監督の思い描いている演技をしてくれるかどうか、という緊張感もり、さらに撮影が長引けば子供は疲れてしまう、という要素もあったのでなおさら大人の私は集中しなくては!と身が引き締まりました。

しかし子供はとても自由ですね。どんな変化球が飛んでくるかわからないので本当にその瞬間瞬間に集中しなくてはいけない。そして頭の中でプランしたものを捨てて飛び込まざるを得なくなる。だから思いがけない発見もあり、とても良い勉強になりました。

映画作りはやっぱり面白い。

出来上がりが楽しみです。

 

image.jpg
image.jpg
image.jpg

So cute! Leena

Japan Cuts

Attended Japan Cuts at Japan Society yesterday for the viewing of "Over Fence"  followed by a Q&A with the lead actor Joe Odagiri.

He is one of my favorite Japanese actors I respect, so I was super excited to see his work and hear his comments on it.

Very interesting film. Loved the comedic elements the director throws into the emotionally loaded scenes. I also really loved the lead actress Yu Aoi's performance!

Seeing works like this always reminds me how much I love movies and why I am here to do this.

It was a really inspiring evening! I need to attend these events more for sure...

昨日はジャパンソサエティーで行われている映画祭、Japan Cutsに行ってきました。

行ったのは主演のオダギリジョーさんを迎えての「オーバーフェンス」のスクリーニング。

オダギリさんは日本の養成所の大先輩でもあり、憧れの俳優さんなのでQ&Aもあり大興奮。

そして映画、面白かったです。個人的に蒼井優さんの演技がとても好きでした。そしてシリアスなシーンに入れ込むコメディー要素とか。

いつも感じることですが、アメリカで映画を見ると、日本以上に観客が素直にオープンにリアクションする感じがします。面白いところでは思いっきり笑って、切ないときはあちこちから ”Awww" という声が聞こえたり。

こういうイベントに参加したり、素敵な映画を見ると改めて映画っていいなーと思う。そしてなんで自分が俳優をやってるのか、なぜニューヨークにいるのかを再確認します。ホント、もっともっといろいろ顔を出してインスピレーションもらわなきゃですね。

とても良い刺激になりました!

 

image.jpg

Tate Promotion Exam

Hi! I can't believe 2016 is about to end! Time flies, doesn't it?

To finish up the practice of the year, we had a promotion exam for Tate Japanese Sword Fighting for the first time, and I took the first level.

Ah I was so nervous! I could feel myself shaking and missing the marks.

And... I barely passed it, but I did!

My teacher told me I wouldn't have if I missed one more point, so that really made me reconfirm where I stand in the practice, and what I need to work on next.

Precision! That's gonna be my theme for next year and toward our 3rd year Anniversary performance in April. 

But in the mean time, I'm ready to relax into the holiday season!

 

もうすぐ2016年も終わってしまいなんて!信じられない気持ちですが、年末最後のイベントして殺陣波濤流の昇級試験を受けさせていただきました。

そしてものすごくギリギリながらなんとか初伝に合格することができました。

とはいえあと1点減点されてたら不合格という、がけっぷちぶり。

改めて自分の課題を身にしみて実感する非常に良い経験となりました。

しかも朝気合いれて道着にアイロンかけたのにあえなく着こなし減点すらつく始末でしたが。。。

さて、4月には3周年の演武会もあることですし、正確性、特に足運びを今後の課題として頑張りたいと思います!

なんせ性格が雑なんでそこから取り組まなきゃですかね。

その後は道場の大掃除からホリデーパーティー。これでやっとホリデーシーズンに向けてちょっとゆっくりできそうです。

 

 With my classmate Mari and our beloved teacher Kyoko! 

With my classmate Mari and our beloved teacher Kyoko! 

Evening with ASG Kang

I had an opportunity to attend an event to hear some conversation with this lady who is a UN's ASG yesterday.

It was such a lovely evening with her calm and candid energy as well as her wisdom!

As I was listening to her, I was inspired to be more expressive of my thoughts which I am very bad at doing.

It was her comment about cross cultural communication that really struck me. I guess because it related to what I have been feeling these days.

"In cross cultural communication, you really have to trust. And you cannot start seeking meaning in words that doesn't have any meaning."

That's right. Trust. And yes, I sure do start to wonder about the meaning behind certain things that probably don't have much meaning as I imagine.

But as an actor as well, I really feel that my biggest theme right now is to bring my guard down, trust others and myself, and express myself.

So here I am writing this blog about what I thought after this event. 

Another thing I really loved was how she responded to the question, what is leadership.

"Leadership is not something you seek for. You need to be good at what you are doing and have contents full. Its like water flowing out of a cup. Water has to be full of cup, and it is so much that it overflows, that's what leadership is."

It reminded me of my acting teacher back in Japan who used the exact same metaphor to describe about acting.

Don't play the emotion, acting is doing is what we always say, but he described that emotion has to be there as well. and be full. like a cup full of water. you try not to spill it and do what you are doing, but it is so full that it still overflows from time to time. That's what the audience wants to see.

I remember how it made so much sense when I heard it. And even though I always think I want to be an actor who seek for the contents. details, I realized I was forgetting those details and got caught up in the result and the surface especially in everyday audition settings.

Such a great reminder.

I feel very inspired to tune myself and get back to the work of acting.

Thank you so much for the wonderful event!

昨日はとあるイベントで、国連で事務次長補を務める女性のお話を聞く機会がありました。

落ち着いた物腰がとても素敵な方で、どんな質問にも的確、知的、かつ正直に質問以上の答えを返す彼女のお話はとてもインスピレーションになりました。

そこで心に響いたことが幾つかあり、それを踏まえてもうちょっと自分からいろんなことを発信していこうと思ったのでそのまず第一歩として昨日聞いて感じたことを書き留めてみようと思います。

何もかも貴重なお話だったんですが、

特に印象に残ったのは”リーダーシップとは何か”という質問に対する彼女の答え。

”リーダーシップは求めるものではない。まずは中身・実力が充実してこそである。リーダーシップとはコップから溢れる水のようなもので、その人の中身がとても一杯だからそれで収まりきれなくて溢れ出てしまったものがリーダーシップなのだ”

まさに!

そして同時に日本の養成所時代に演技の先生が演技についてまったく同じ比喩を使っていたことを思い出しました。感情を追い求めるな!行動に集中しろ!とは常日ごろ言われていたことですが、感情がなくても良いということではない。感情はコップから溢れる水のようなもので、コップに一杯になるように感情がフルな状態で、それをこぼさないように一生懸命頑張りながら行動して、それでもどうしても溢れ出てしまった感情が表現となるのだと。

分かっているはずでもついつい結果を追い求めてしまったり、結果が出ないフラストレーションで近道を探そうとしてしまったりしがちで、だけど根本的に中身を充実させる努力をしてたかなって思うと本質を忘れていたなと改めて思い出されてしまいました。演技始めたばっかりのころは基礎を大事に!結果や評価より質を求める役者でありたいっていつも思っていたのに、知らず知らずのうちに初心を忘れている。

もう一つは”たくさんの国の人々と仕事をする国連に勤めるなかで、異文化間のコミュニケーションでのコツはありますか”という質問への答え

異文化コミュニケーションにおいてまず一番大事なのはとにかく信頼することだ。そして深い意味のない言葉に意味を探ろうとしないことだ。

これまたまさに!

というか、これは単に私自身の今のテーマに響いたのかもしれませんが。信頼。私はあまり自分の考えとか思ったことを表現するのが得意じゃないのですが、これはガードが高い自分の癖であって、役者として表現する上でもそういったガードを取り外して、周りを信頼して思い切って自分を出す必要があるなって、そこが今の自分の最大の課題だなと思います。

そんなわけでそういう自分の苦手なことにちょっとずつチャレンジしていこうかと。で、このブログももうちょっと頻繁に更新して、自分の思ったことを発信してみようと思います。

とても素敵な会に参加させて頂きありがとうございました!

Triple Crown Staged Reading

As some of you might already know, I started a production company called a cubed story with the co-founder and writer Arnie CW Lee.

And yesterday, as our first event, we hosted a staged reading of our original pilot "Triple Crown." 

Although a lot of last minute accidents happened and things were pretty crazy at times, I am really grateful for the wonderful cast, staff, and all the guests who spared their precious afternoon on Easter Sunday with us who made this reading possible.

I feel very warm and can't thank you more!!

However, this is merely a beginning of our project!

Stay tuned, as we will keep developing this!

a cubed storyというプロダクションカンパニーを立ち上げ、昨日第一弾企画であるオリジナルテレビシリーズ第1話の脚本を発表するステージリーディングを行いました。

立ち上げを決め、イベントの企画を始めてからの怒涛の日々、当日もキャストのドタキャンなどハプニングだらけでドタバタでしたが本当に素晴らしいキャストの皆様、素敵なペストリーを作って下さったys pastryの白川仁恵さん、見に来てくださったゲストの皆様に支えられ助けられまくりながら無事にイベントを行うことができました。

もう感謝してもしきれないくらい本当に胸がいっぱいです。

とはいえこれで終わりではなく、このリーディングはあくまでも1つのステップ。

これをもとにまたプロジェクトを進めていきます!

また経過報告していきますね!

Photo Shoot

Wow, I can't believe my last update was in September...

Yes, I need to be more active with this blog.

So here it is.

I did a photo shoot with my friend Yu Kitamura the other day.

He is an amazing photographer who uses old school black and white film cameras.

I guess you call them antiques? Vintage?

I'm not sure, but they are really cool and I am totally in love with his photographs.

We weren't really planning it, but we just decided to take some pictures for fun after he helped me with an audition I had to self tape.

And they turned out to be pretty nice!

Thank you Yu for the cool pics!

 

Tate and Action Performance

It's already been about 2 weeks, but we had a little Tate (Japanese Sword Fighting) and Film Action performance earlier this month.

It was my first time performing Action in front of an audience!

Since our participation was decided last minute, it was hard to schedule rehearsal with everybody, but it turned out to be fun after all despite our struggles and concerns.

Later that day, I went over to my friend's place and watched the video, discovering screenshot feature on our computer. So here are some of the screenshots.

 

For a while, we were pretty excited to find this feature and capturing moments, but then, as we watched the video and the pictures, we found more and more notes for ourselves.

Well, it's always a good learning opportunity to watch ourselves! 

We are now planning to make our action reel, and learning how to use different tools not only sword! Can't wait till I can show you the reel!

さて、もう2週間あまりすぎてしまいましたが今月中旬に殺陣とアクションの演武をさせて頂きました。

リハーサルのスケジュールなどなどいろいろ大変な面もあったのですが、やっぱりパフォーマンスは楽しい!参加できて本当に良かったです。実は人前でアクションを披露するのは初めてだったので、経験という意味でも、自分を見つめなおすチャンスという意味でも。

その日の夜道場生仲間の家でビデオを見返し、そこでスクリーンショットという機能を私は初めて知ったのですが、決定的瞬間をあつめることに大盛り上がり!(ということで上の写真たちはそのスクリーンショットです。)馬鹿みたいに笑い倒していましたが、あらためて自分のパフォーマンスを映像と静止画で見ると反省点がいっぱい。そこからはもう反省会です。

この悔しい点を改善すべくモチベがアップしたことも事実。

近々アクションリールを撮る計画ですので、気合入れて稽古に励んでいきたいと思います。

刀だけでなく棒など他の武器も徐々に練習中。はやくリールをお見せしたい!楽しみにしててください。

some pictures from after the show. 最後に演武後と打ち上げの様子。